敏感肌対策ガイドTOP | 敏感肌について | 敏感肌と乾燥肌 | 敏感肌とにきび | 敏感肌のスキンケア | 敏感肌のメイク | 敏感肌の生活アドバイス | リンク集 |

敏感肌のにきびケア

敏感肌の人はにきびができたからといって、過度の洗顔をして皮脂の取りすぎてしまうと、敏感肌がさらに悪化してしまうおそれがあります。また、空気の乾燥や外的刺激によって乾燥が促進されるので注意が必要です。

スキンケアとしては、化粧水や美容液を使ってお肌の保湿を心がけることが大切(油分の多いクリームは逆効果)です。

洗顔

敏感肌 にきびケア 洗顔洗顔は重要ですが、敏感肌の人は特に脱脂力の強い洗顔剤での洗顔は控えたほうがよいでしょう。にきびができているからといって、一生懸命に顔をこすり過ぎないようにしてください。

弱酸性の低刺激性洗顔剤を使って、お肌を痛めないようやさしく洗顔しましょう。スクラブ洗顔剤や、消炎剤などの刺激物質を含んだ洗顔剤は避けたほうがよいでしょう。。強い刺激はニキビ肌にはもちろん、敏感肌にも好ましくありません。

また、すすぎ残しにも要注意です。ぬるま湯で洗顔剤を流し落としてください。髪の生え際や小鼻のまわりなどなどは、洗顔剤が残りがちです。洗顔後はやさしくタオルで抑えるように拭きましょう。


スキンケア

敏感肌 にきび スキンケア洗顔後に何もつけずに放っておくと、敏感肌の人の肌は無防備な状態になり、外の刺激を受けやすくなってしまいます。

敏感肌を守るには、保湿成分配合の化粧水を使うとよいです。化粧水はアルコールフリーのものが望ましいです。アルコール入りの化粧水を使用すると、肌の水分が奪われてしまい、敏感肌を悪化させるおそれがあります。

化粧水だけでは乾燥してしまうときには、美容液などの保湿が必要です。にきびの予防や肌全体をみずみずしく保つには、ノンオイルのものが望ましいです。

ただし、過剰な使用や皮膚へ強くすりこむような使用法はかえって敏感肌の皮膚に強い刺激を与えてしまうので注意しましょう。

敏感肌の人は自分の肌に合わないスキンケア用品を使用すると、湿疹やかぶれ、炎症などを起こしてしまいます。刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。

≪敏感肌向け化粧品ランキング≫化粧品トライアルセットの人気ランキング!
≪お得なエステ体験≫エステを格安で体験♪今人気のエステ体験をランキング!
人気の敏感肌コスメや商品を楽天市場で探す楽天市場


▼同カテゴリー「 敏感肌とにきび 」の記事一覧
敏感肌とにきびの関係
敏感肌のにきびケア
 
敏感肌対策ガイドTOP | 敏感肌について | 敏感肌と乾燥肌 | 敏感肌とにきび | 敏感肌のスキンケア | 敏感肌のメイク | 敏感肌の生活アドバイス | リンク集 |