敏感肌対策ガイドTOP | 敏感肌について | 敏感肌と乾燥肌 | 敏感肌とにきび | 敏感肌のスキンケア | 敏感肌のメイク | 敏感肌の生活アドバイス | リンク集 |

敏感肌スキンケア 洗顔

敏感肌の人の必要以上の洗顔は、汚れと一緒に肌に必要な皮脂まで取り除いてしまうので、逆効果です。ゴシゴシと顔をこするとその摩擦により、敏感肌に刺激を与えてしまい、より悪化してしまう場合があります。

敏感肌の洗顔剤の選び方

敏感肌スキンケア 洗顔洗顔剤も慎重に選ぶ必要があります。合成添加物を含んだ洗顔料は、汚れをしっかり落とすことができますが、皮脂膜を破って細胞を破壊し、さらに肌に吸収されるというおそれがあります。また、合成界面活性剤においては、その吸収率は飲食の約2倍の速さといわれています。

では、合成界面活性剤とはどのようなものなのでしょうか。

合成界面活性剤とは、天然の原材料から作る石鹸とは異なり、石油を原料としたものです。その洗浄力の強さから、食器洗い洗剤や洗濯洗剤、シャンプーやリンスなど、さまざまなものに使われています。

皮膚は、本来皮脂膜によって外部からの刺激や不要なものが浸透しないように肌を保護していますが、合成界面活性剤が皮膚に付着すると、大切な保護膜を溶かし細胞を破壊します。これにより肌を守る機能が崩れ、敏感肌やアレルギーなどの肌トラブルを引き起こすのです。

敏感肌の人の洗顔料は、合成界面活性剤が入っていない無添加石鹸を選ぶようにするとよいでしょう。

石鹸作りに用いられるオイルは、動物性オイルと植物性オイルがあり、動物性のオイルで作られた石鹸は敏感肌を刺激する不純物を多く含んでいます。しかし、植物から抽出したオイルで作られる石鹸は肌にやさしく、植物由来の天然成分で汚れもしっかり落とす作用を備えています。

敏感肌の洗顔方法

自分の肌に合った刺激のないやさしい石鹸を手のひらでよく泡立てて、ごしごしこすらないように洗顔しましょう。泡立ちにくい場合は、スポンジや泡立てネットを使えば簡単に泡立てることができます。

泡を顔に乗せてやさしくマッサージするように洗顔します。洗顔料が汚れとなじみさえすれば、汚れは浮き上がってきますのでこすりすぎないようにしましょう。

すすぎはぬるま湯で洗顔剤を流し落としてください。髪の生え際や小鼻のまわりなどなどは、洗顔剤が残りがちです。洗顔後は清潔なタオルでやさしく抑えるように拭きましょう。

また、1日にあまり何度も洗顔をするのは避けましょう。肌のうるおい成分まで落としてしまう場合があります。そうするとさらに乾燥し、よけいに肌を敏感にさせてしまうので、洗顔は基本的に朝晩の2回行うようにしましょう。

≪敏感肌向け化粧品ランキング≫化粧品トライアルセットの人気ランキング!
≪お得なエステ体験≫エステを格安で体験♪今人気のエステ体験をランキング!
人気の敏感肌コスメや商品を楽天市場で探す楽天市場


▼同カテゴリー「 敏感肌のスキンケア 」の記事一覧
敏感肌スキンケア 洗顔
敏感肌スキンケア クレンジング
敏感肌スキンケア 保湿
 
敏感肌対策ガイドTOP | 敏感肌について | 敏感肌と乾燥肌 | 敏感肌とにきび | 敏感肌のスキンケア | 敏感肌のメイク | 敏感肌の生活アドバイス | リンク集 |