敏感肌対策ガイドTOP | 敏感肌について | 敏感肌と乾燥肌 | 敏感肌とにきび | 敏感肌のスキンケア | 敏感肌のメイク | 敏感肌の生活アドバイス | リンク集 |

敏感肌スキンケア クレンジング

敏感肌の人でも、やはり日常生活の中でメイクは欠かせない時がありますね。いつもすっぴんというわけにはいきません。

ではそのメイクを落とすクレンジングはどのようにすればよいのでしょうか。また、敏感肌の人にはクレンジング剤はどのようなものがよいのでしょうか。

敏感肌のクレンジングの選び方

敏感肌スキンケア クレンジングもともとメイク汚れを落とすクレンジングは、洗顔料などよりも洗浄力が強いものです。そしてメイクは油汚れですから、これを落とすためには水分ではなく油分が必要です。

また、油分で浮き上がらせた汚れを、水で洗い流せるようにする必要もあります。そのためには、水と油を混ぜ合わせることのできる界面活性剤が不可欠になってきます。

界面活性剤は、汚れになじんで落とすという点では有効ですが、肌に浸透してしまうと角質層の細胞を破壊してしまったり、乾燥肌や敏感肌など弱っている肌には強い刺激になってしまいます。

クレンジングを選ぶ際は、適度な油分と水分、適度な界面活性剤が配合されているものを選びましょう。

クレンジングはオイル、クリーム、ジェル、ふき取りタイプなどさまざまなものがあります。

敏感肌の人にはクレンジングは洗い流せるクリームタイプのものを使うといいでしょう。油分や水分、界面活性剤の量が適度です。また、敏感肌用のクリームタイプは、肌への刺激が少なくできているので、おすすめです。

しかし、最近ではクリームタイプのクレンジングでなくても敏感肌を考えたさまざまなタイプのクレンジングが出ていますので、自分の肌に合うクレンジングを見つけてみるのもよいでしょう。


敏感肌のクレンジング方法

どれだけ肌にやさしいクレンジングを使っても、界面活性剤を含むクレンジングは肌への刺激になってしまいます。クレンジングはできるだけ短時間でサッと終わらせた方がいいです。

まず手を洗い、クレンジングを手にとって、体温で軽くあたためます。これは油汚れとなじみやすくするためで、クレンジングを短時間で終わらせるためです。

あたたまったクレンジングをメイクになじませるようにやさしく顔にのせていきます。この時、ごしごしこすってしまうのは乾燥肌や敏感肌にはよくありません。すっとなじませる感じでマッサージしましょう。

顔のメイクとクレンジングがなじんできたら、ぬるま湯ですすぎます。すすぎは丁寧にしっかりと行いましょう。

クレンジングは敏感肌の人には強い刺激になり、肌への負担が大きくなります。メイクをしていないのにクレンジングをしたり、1日に何度もクレンジングをする必要はありません。

≪敏感肌向け化粧品ランキング≫化粧品トライアルセットの人気ランキング!
≪お得なエステ体験≫エステを格安で体験♪今人気のエステ体験をランキング!
人気の敏感肌コスメや商品を楽天市場で探す楽天市場


▼同カテゴリー「 敏感肌のスキンケア 」の記事一覧
敏感肌スキンケア 洗顔
敏感肌スキンケア クレンジング
敏感肌スキンケア 保湿
 
敏感肌対策ガイドTOP | 敏感肌について | 敏感肌と乾燥肌 | 敏感肌とにきび | 敏感肌のスキンケア | 敏感肌のメイク | 敏感肌の生活アドバイス | リンク集 |