敏感肌対策ガイドTOP | 敏感肌について | 敏感肌と乾燥肌 | 敏感肌とにきび | 敏感肌のスキンケア | 敏感肌のメイク | 敏感肌の生活アドバイス | リンク集 |

敏感肌のためのファンデーション

敏感肌 ファンデーション敏感肌の人はメイク品などを使わない場合も多いのですが、何も使用しないと紫外線や空気の乾燥などにより、かえって肌がダメージを受けることがあります。

高品質で自分の肌に合ったメイク品や日焼止めを使用して、肌を外部刺激から守ることが良い結果になることもあります。

素肌をきれいに見せるきめ細かな仕上がり、もちもち肌をキープする保湿力、シミそばかすなどのカバー力のあるファンデーション。 敏感肌の人もシミや小じわ、毛穴など、気になる肌トラブルは隠したいものです。

では、敏感肌の人はどのようなファンデーションを選ぶのがよいのでしょうか。

ファンデーションには油性ファンデーション、リキッドファンデーション、クリームファンデーション(水溶性、油性)、ケーキ型ファンデーション、パウダーファンデーション、粉おしろい(水性)などがあります。

敏感肌や乾燥肌の場合、パウダータイプだと乾燥するからといって、クリームタイプやリキッドタイプを使う人が多いようです。

クリームタイプやリキッドタイプは、粉状である顔料を液体の中になじませるために、乳化剤という界面活性剤を多く使用しています。

合成の界面活性剤の場合、肌への浸透性が非常に強く、また残留性も強いので、肌の中に侵入し、敏感になっている肌に刺激を与えてしまいます。敏感肌や乾燥肌の場合、さらなる肌荒れを防ぐために、肌への刺激を極力少なくする必要があります。

ケーキ型ファンデーションやパウダータイプは確かにパウダー自体は水分を吸収しやすい性質がありますが、メイクをする前に美容液や保湿クリームでしっかり保湿できていれば、問題ありません。

ケーキ型ファンデーションやパウダータイプは、肌の刺激になる界面活性剤が量がやや少なめになっていたり、入っていなかったりするので、肌に浸透するということがほとんどありません。肌が敏感になっている人にはパウダーファンデーションか粉おしろいをおすすめします。

どんな成分がどんな形で配合されているのかにもしっかりと目を向けて、ファンデーションを選びましょう。

ファンデーションをつけるとき、スポンジやパフでごしごしと顔にこすりつけるのは避けましょう。化粧ののりが悪いときなど、ついつい何度もこすってしまいがちですが、敏感肌への刺激になってしまいますので気をつけましょう。

≪敏感肌向け化粧品ランキング≫化粧品トライアルセットの人気ランキング!
≪お得なエステ体験≫エステを格安で体験♪今人気のエステ体験をランキング!
人気の敏感肌コスメや商品を楽天市場で探す楽天市場


▼同カテゴリー「 敏感肌のメイク 」の記事一覧
敏感肌向け化粧品の選び方
敏感肌のためのファンデーション
敏感肌のメイク方法
 
敏感肌対策ガイドTOP | 敏感肌について | 敏感肌と乾燥肌 | 敏感肌とにきび | 敏感肌のスキンケア | 敏感肌のメイク | 敏感肌の生活アドバイス | リンク集 |