敏感肌対策ガイドTOP | 敏感肌について | 敏感肌と乾燥肌 | 敏感肌とにきび | 敏感肌のスキンケア | 敏感肌のメイク | 敏感肌の生活アドバイス | リンク集 |

敏感肌のメイク方法

敏感肌のメイク方法敏感肌の症状であるかゆみやかぶれ、赤みや炎症などが本当にひどい場合はメイクは避けたほうがよいでしょう。

しかし、そうでない限りは何もつけないでいるほうが敏感肌は無防備になり、より敏感肌を悪化させてしまう恐れがあります。

また、化粧そのものが必ずしも皮膚トラブルを招くわけではありません。適切な商品の選択や、化粧品を扱っている専門家から肌に負担をかけない使い方のアドバイスを受けながらメイクをしてみましょう。

敏感肌は普通の肌よりも、季節や体調、精神的なものなど、さまざまな影響を受けやすく、その状態も常に不安定に揺れ動いています。昨日までピッタリだった化粧品が、突然合わなくなることもあります。

敏感肌の人は日頃から自分の肌の状態をチェックし、肌と相談しながらメイクをしていきましょう。

ベースメイク

肌の基礎づくりが大切です。肌が乾燥しているとメイクが上手くのりません。もちっとするまで肌に水分を補い、乾燥が気になる時は乳液やクリームを重ね塗りしてください。

ファンデーションを綺麗に仕上げたり、メイクを長持ちさせたりするためにも化粧下地は重要です。お好みの質感のもので、保湿効果や、紫外線防止効果のあるものをおすすめします。

また、肌が乾燥していると感じた時は、普段より多めに化粧水や乳液などの保湿用スキンケア製品を使って、肌にたっぷりとうるおいをしみ込ませてからベースメイクをするとよいでしょう。

ファンデーション

ファンデーションについてはこちら⇒敏感肌のためのファンデーション

UVカット(紫外線防止剤)

無香料、無着色、アルコールフリーというような低刺激の紫外線防止剤を選びましょう。乾燥性敏感肌の方には、保湿成分が配合されている潤いを補うタイプのものもよいでしょう。

日焼けをしてしまった場合、日焼け後に作られた未熟な肌はセラミドが不足しがちですので、バリア機能を高めるセラミド配合のスキンケアで肌を守りましょう。

アイメイク

目の周りは顔の中でも皮膚が薄いところです。清潔な化粧道具(チップやブラシ)を使い、肌をこすらないように注意しましょう。

肌のコンディションがあまりよくない時にはアイメイクを控えめにして、マスカラだけでもよいでしょう。


口紅、リップグロス

唇は皮膚も弱く、とても乾燥しやすいです。落ちにくい口紅やリップグロスは、乾燥して敏感になっている唇には刺激が強いです。

また、落とすときについついこすってしまうこともあるので、それ以外の、できれば敏感肌用の口紅を使うといいでしょう。


≪敏感肌向け化粧品ランキング≫化粧品トライアルセットの人気ランキング!
≪お得なエステ体験≫エステを格安で体験♪今人気のエステ体験をランキング!
人気の敏感肌コスメや商品を楽天市場で探す楽天市場


▼同カテゴリー「 敏感肌のメイク 」の記事一覧
敏感肌向け化粧品の選び方
敏感肌のためのファンデーション
敏感肌のメイク方法
 
敏感肌対策ガイドTOP | 敏感肌について | 敏感肌と乾燥肌 | 敏感肌とにきび | 敏感肌のスキンケア | 敏感肌のメイク | 敏感肌の生活アドバイス | リンク集 |