敏感肌対策ガイドTOP | 敏感肌について | 敏感肌と乾燥肌 | 敏感肌とにきび | 敏感肌のスキンケア | 敏感肌のメイク | 敏感肌の生活アドバイス | リンク集 |

乾燥性敏感肌になる原因

敏感肌とは乾燥性敏感肌セラミドが不足しがちになります。 外部刺激が多い暮らしの中で、肌を安定した状態に保ってくれるのがセラミドです。

セラミドは、皮フの角質層に存在する脂質で、主に外部刺激の皮フへの侵入を防ぐバリア機能や、角質層の水分を保持する機能という2つの重要な働きがあります。乾燥して敏感になった肌は、角質層のセラミドが不足しがちな状態にあることがわかっています。

セラミドが不足すると、水分を保つことができずカサカサした状態になってしまいます。また、バリア機能が低下するので、外部刺激が侵入しやすい状態になり、さまざまな肌トラブルを引き起こす原因となることもあります。

では、なぜセラミドが不足してしまうのでしょうか。

さまざまな原因が考えられますが、主に、間違った洗顔方法でセラミドを洗い流してしまうということがいえます。

セラミドの量は体質できまりますが、10代半ばをピークに加齢に伴って減少します。そして、40代では半減するといわれています。

また、気候や環境、食生活の変化などによっても減少します。

≪敏感肌向け化粧品ランキング≫化粧品トライアルセットの人気ランキング!
≪お得なエステ体験≫エステを格安で体験♪今人気のエステ体験をランキング!
人気の敏感肌コスメや商品を楽天市場で探す楽天市場


▼同カテゴリー「 敏感肌と乾燥肌 」の記事一覧
敏感肌と乾燥肌の関係
乾燥性敏感肌とは
乾燥性敏感肌になる原因
敏感肌とアトピー
 
敏感肌対策ガイドTOP | 敏感肌について | 敏感肌と乾燥肌 | 敏感肌とにきび | 敏感肌のスキンケア | 敏感肌のメイク | 敏感肌の生活アドバイス | リンク集 |